人材紹介で仕事さがしタイトル

 

人材紹介会社を選ぶ

ではどのように登録する人材紹介業者を選んだら良いのでしょうか?一般的なところを挙げるとするなら、その人材紹介業者がきちんと厚生労働大臣の認可を受けて許可番号を公開しているかどうかです。認可されている人材紹介会社は職業安定法という法律に基づいて細かいところまで取り決めがなされていて、特に個人情報の面においては厳格に管理されるように義務づけられており、漏洩するようなことはまずありません。また自分が転職を希望している職種に詳しい専門のコンサルティングがいるなども選ぶポイントになります。登録する前に実際に足を運んで情報収集するのも確実な方法ですので良いでしょう。社員研修で教育を実施しているかどうかの確認も、見極めのポイントになります。

 

 

その他のポイントとしては、転職を真剣な問題として捉え、一緒に動いてくれる心構えが感じられる人材紹介会社・人材コンサルタントがいるかどうか、相手企業が大手であれ、少数精鋭の企業であれ、人材紹介会社の規模に関わらず、自分が進みたい転職の情報を豊富に持ち、キャリアアップについて相談出来る人材会社を選ぶことができるか等が挙げられるかと思います。人材会社は求人企業の採用決定による成功報酬で成り立っていますが、良い人材会社なら、実際に転職するしないに関わらず、親身になって転職の相談に乗ってくれる筈ですのでコンサルタントを良く見てみましょう。また、求職者や履歴書を商品として取り扱うような会社は避け、信頼出来る所を選びましょう。

 

人材紹介会社に登録するとまず個別の面談が行われます。ここで、専門のコンサルタントが登録者のキャリア、経験、技術、転職を希望する職種などを質問していきます。その面接により登録者のプラス面、マイナス面を客観的に判断し、転職に関してのアドバイスをしてくれます。多くの転職者を見てきたコンサルティングがくれるアドバイスは他では得難い重要なものなので、しっかりと時間をかけて色々なアドバイスをもらうように心がけましょう。そして、その個人面接が終わると、次は貴方が希望する内容にそった求人案内の紹介に移ります。これにも専門のコンサルティングがつき、求人案内先企業の詳しい内容、労働環境など一般公募などでは得られないような詳しい情報を得ることができます。希望する転職先の詳しい説明を受け、自分に合った転職先を絞り込んでいき、どこに応募していくかコンサルティングと相談しながらスケジュールを立てていきましょう。忙しくて面接に行けないという方には電話での面接も行ってくれる場合もありますので安心です。

 

次に応募ですが、応募先企業が絞り込めたら応募書類と職務経歴書などとともに貴方をその企業に推薦してくれます。応募書類や職務経歴書の書き方などもきっちり教えてくれますし、面接の受け方などのアドバイスもしてもらえます。書類選考での合否、また書類選考を通過した場合の次にくる面接の日時のセッティングなど、コンサルティングは転職希望先企業との仲介役になって登録者に連絡してくれます。個人ですべてすることを考えると人材紹介業者の便利さが解ります。そして、書類選考、面接と順調に合格して、ついに内定がでた場合ですが、実はそれで人材紹介会社の仕事が終わったわけではなく、個人的な要求や最終的な年収の交渉など、個人ではとうてい相談できそうもないことを代わりに行ってくれます。まと最後の最後としては退職手続きの行い方までもアドバイスしてくれるという充実したサポートが受けられます。以上が登録から内定までの簡単な流れです。この様なサポートが無料で受けられること考えると、人材紹介会社に登録するメリットは十分あると考えることができるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

秋葉原の全身脱毛サロンを紹介!

2017/10/17 更新